Rail Fan Voice

〜首都圏を中心に鉄道についての記事を1日おきに更新します。主に鉄道ニュースや予想記事など、様々な切り口から書いています〜

【架空鉄道開発史】その1 会社設立

※この物語(?)はあくまで作者の空想ですから、実際の出来事とは一切関係ございません。(ただし実際の出来事も出てくることもありますが、それは作者の空想世界なんだなと思ってください)また、この物語の舞台は東京都ですが、作者は神奈川県在住ですから、東京都民の方には違和感が感じると思いますが、ご了承ください。

2025年、東京都では莫大な人口増加が問題となっていました。新宿区は70万人、都全体では1500万人。このままだと10年後には2000万人を突破すると考えられています。さらに首都圏では2025年で5000万人、10年後には7500万人を突破すると考えています。

f:id:darekasannotetudou:20200507142759p:plain

Wikipediaより。

そこで国土交通大臣は、「2040年までに整備すべき鉄道路線」を定めました。合わせて東京都では、海上都市「新夢の島」の上に「首都圏国際空港」の建設を進めており、「2040年までに整備すべき鉄道路線」の中に関東国際空港へのアクセスが可能、さらに首都圏全体を東京都を中心に放射線状に広げていく「首都圏高速鉄道を定めました。これが今回の架空鉄道の舞台です。この会社は大手私鉄となることが必要とされています。本社は東京都新宿区初台2‐30‐3「新宿オペラシティ」7Fです。

 

2025年10月1日 創立総会 東京都新宿区初台2‐30‐3「新宿オペラシティ」7F会議室

資本金       1000億円

代表取締役社長   高田 幸雄

発行可能株式総数  1000万株

借金        2000億円(資本金含めず)

 

 

さあ、どうなる?

★ランキングバナークリック・タップお願い致します!

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村


人気ブログランキング