Rail Fan Voice

〜首都圏を中心に鉄道についての記事を1日おきに更新します。主に鉄道ニュースや予想記事など、様々な切り口から書いています〜

【鉄道ニュース】相模鉄道、2020年度の鉄道・バス設備投資計画を発表

相鉄グループは2020年5月27日、2020年度の設備投資計画を発表しました。今年度の投資額は187億円(鉄道178億円、バス9億円)です。ここでは鉄道の投資についてご説明します。

 

★今年度の投資内容(鉄道)☆

用語解説

「デザインブランドアッププロジェクト」
相鉄グループは、2017年12月に創立100周年を迎え、2019年11月にJR線との直通運転を開始。2022年度下期には東急線との直通運転を予定していることから、お客さまとの最大の接点となる鉄道の駅舎や車両、駅に隣接する商業施設などを統一したデザインコンセプトに基づきリニューアルを進め、認知度や好感度を高めることで「選ばれる沿線」を実現するための取り組み。

列車定位置停止装置(TASC)
ホームドアと車両のドア位置が合うように列車を停止させるため、運転士のブレーキ操作を支援する装置。

シースルー改札
周囲をガラス張りにし、室内にオープンカウンターを設けたお客さま応対有人改札

1.安全・安定輸送の確保

ホームドアの設置

駅ホームの安全性向上のため、2022年度末までにホームドアを相鉄線全駅に設置します。

f:id:darekasannotetudou:20200528235352j:plain

↑(イメージ)横浜駅のホームドア。

今年度は二俣川、大和、湘南台の3駅に設置します。また、それに伴うホームの補強やや列車定位置停止装置(TASC)などの準備工事を進めます。ホームドアの設置は、国及び地方自治体の協力の下で進められます。

 

本線星川~天王町間連続立体交差事

踏切事故・交通渋滞の解消や地域の一体化を図るため、2018年11月に星川駅天王町駅を含めた上下線約1.8km(工事区間)を高架化しました。
今年度は、星川駅天王町駅の駅舎改良や車両留置線の整備を進めます。
※本事業は横浜市の都市計画事業です。

 

線路の改良

今年度は西横浜駅相模大塚駅の分岐器の交換を実施します。
また、本線の軌道の改良(主に道床の交換)を実施し、列車の騒音、振動を低減するとともに、安全性強化を図ります。

 

構造物の改修

いずみ野線の万騎が原トンネル(横浜市旭区)内部の改修(2016年度着手)を引き
続き実施し、コンクリートの剥落を防止します。また、いずみ野線の高架橋の高欄(防護壁)の落下防止対策(2017年度着手)も引き続き実施し、鉄道構造物の安全性強化を図ります。

 

 

2.サービスの向上

新型車両20000系の導入

f:id:darekasannotetudou:20200529000328j:plain

↑(イメージ)横浜駅で撮影した20000系。

2022年度下期に開業を予定している相鉄・東急直通線向けに開発した新型車両「20000系」を順次導入します。
今年度は、6編成・60両を導入する予定です。
※2023年度までに全16編成を導入する予定です。

 

車両リニューアル

f:id:darekasannotetudou:20200529000619j:plain

↑(イメージ)二俣川駅にて。9000系リニューアル車両

 

f:id:darekasannotetudou:20200830193036j:plain

↑(イメージ)8000系リニューアル車両

 

「デザインブランドアッププロジェクト」の取り組みとして、車両のリニューアルを進めています。車体色を「ヨコハマネイビーブルー」に変更する他、座席の座面やつり革の変更など内装の改良や車内案内放送の自動化を行います。今年度は、10000系1編成のリニューアルを予定しています。また、9000系の空調システムを改良し、快適性向上を図ります。

f:id:darekasannotetudou:20200529000902j:plain

↑(イメージ)西谷駅にて。今年度リニューアル対象の10000系

 

駅舎のリニューアル(南万騎が原駅)
「デザインブランドアッププロジェクト」の取り組みとして、内外装の改修など駅舎のリニューアルを進めています。今年度も引き続き、南万騎が原駅において、シースルー改札の設置やブランドアップ工事などを予定しています。

 

海老名駅総合改善事業
鉄道駅総合改善事業(形成計画事業)として、北口および南口2階への改札口の増設、ホームドアの新設、生活支援施設の整備と合わせて、駅舎の建て替えを行います。今年度は、新駅舎の鉄骨工事、仮改札への切り替え、既存駅舎の解体などを予定しています。
※新駅舎の開業予定は、2022年度です。

 

待合室の新設(西谷駅、希望ケ丘駅)
電車を快適にお待ちいただくため、各駅に待合室の整備を進めています。
今年度も引き続き、西谷駅、希望ケ丘駅への設置工事を予定しています。

 

個人的には、10000系のリニューアル事業が楽しみです。さあ、どの編成になるのやら・・・

 

★詳細は以下のリンクから!

相模鉄道プレスリリース

https://cdn.sotetsu.co.jp/media/2020/pressrelease/pdf/r20-34-9f7.pdf

 

★写真を変更しました。

★ランキングバナークリック・タップお願い致します!

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村


人気ブログランキング