Rail Fan Voice

〜首都圏を中心に鉄道についての記事を1日おきに更新します。主に鉄道ニュースや予想記事など、様々な切り口から書いています〜

【鉄道ニュース】小田急電鉄1000形1081編成(8両固定編成)、大野車両基地の解体線へ

2020年6月30日の平日B19運用をもって運用を離脱した小田急1000形で唯一8両固定編成を組んでいた1081編成の中間付随車2両を抜いた6両のうち、クハ1081とデハ1031の2両が、7月6日の構内入れ替えで大野車両基地の解体線へ移動しました。

f:id:darekasannotetudou:20200703110312j:plain

相模大野駅で撮影。左が1081編成です。今回車両番号、小田急ブランドマーク、空調設備、パンタグラフの撤去(おそらく廃車前提)がされた1081編成のうち、クハ1081(8号車)とデハ1031(7号車)が解体線へ移動しました。これで1081編成6両の廃車解体は確実です。

 もともと1000形は、ワイドドア車36両を除く160両がリニューアルされる予定でした(これは当時のプレスリリースにも載っています)。この車両の中には、1081編成も入っています。(詳しく計算してみると…? (4両編成×19本=76両、この中には10両編成化された編成も含む)+(6両編成(通常ドア)×6本=36両、この中には10両編成化された編成も含む)+(8両編成×1本=8両)+(10両編成×4本=40両、この中には10両編成化された編成は除く)=160両となり、計算もちゃんと合う)ですから、当初は1081編成もリニューアル対象になると思われていました。

しかし最近8両各駅停車の運用が10両編成に変更されてきています(計画変更か)。さらに1081編成の前回の重要部検査が2017年6月で、それから3年以上たっていた(つまり検査切れ)ため、6月30日で運用を終え、7月から解体準備を行っている、と考えられます。(後者の方で検査を行わなかったのは、廃車前提のためだったと思われます)

今回の廃車によって、小田急1000形初の廃車が発生することになります。また、中間付随車を除く6両も、廃車になると考えられます。

あと気になるのは、中間付随車2両(サハ1181-サハ1381)についてです。これについてはまったく予想もつきません。さらに4両編成の1055編成も摩訶不思議(まかふしぎ、はなはだ不思議なこと。)な動きをしています。この1055編成も含めて、今後どうなるのでしょうか。

 

★ランキングバナークリック・タップお願い致します!

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村


人気ブログランキング