Rail Fan Voice

〜首都圏を中心に鉄道についての記事を1日おきに更新します。主に鉄道ニュースや予想記事など、様々な切り口から書いています〜

【鉄道ニュース】相模鉄道20000系20102編成が営業運転を開始

2020年7月27日から29日にかけて日立製作所笠戸事業所で製造され、相模鉄道かしわ台車両センターへ納入された相模鉄道20000系20102編成が8月11日に試運転を実施し、翌日の8月12日平日65運用の午後出庫である1443レ(横浜15:28発→海老名15:55着)から営業運転を開始しました。

f:id:darekasannotetudou:20200529000328j:plain

横浜駅で撮影した20000系20101編成です。今回、1編成のみの運用だった20000系に、ついに第2編成目が営業運転を開始しました。第1編成とは仕様変更がなされています。

f:id:darekasannotetudou:20200816165409j:plain

西谷駅で撮影した新7000系7754編成です。平日65運用の午前中の運用は編成は違いますが7753編成が担当しました。現在もこの編成は運転されていますが、油断しててはいけませんね。

今回新製された20102編成(以下、「02F」)は、第1編成である20101編成(以下、「01F」)とは仕様変更がなされています。まず、車内のLCD案内表示器ですが、01Fはドア上に1画面で枠は黒色、デジタルサイネージは中づり広告と同様、通路上に設置されていました。それに対し02Fでは、ドア上に2画面あり、枠が白色で、通路上のデジタルサイネージはなくなっているようです。

また、01Fでは設置されていなかった車端部の一般座席のユニバーサルデザインシートの荷物だなが、02Fには設置されています。その手すりの色は12000系は灰色なのに対して、02Fは黄色になっています。

さらに12000系と同じく車内防犯カメラが千鳥配置で1両に4か所設置されています。

そして、個別ドアスイッチ(半自動ドアスイッチ)の周囲を含めた戸袋付近の銀キロのパーツのサイズが変更されています。

あとは、車両間の貫通扉の取っ手の色が01Fでは黒色なのに対し、02Fでは取っ手のみ灰色に変更されています。

このように、外観は01Fとはあまり変わらないのに対し、車内では多くの仕様変更がされていることがわかります。今年度はあと5編成が導入されますが、その編成もこの編成と同じ仕様になるのかが注目されます。

 

★ランキングバナークリック・タップお願い致します!

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村


人気ブログランキング