Rail Fan Voice

小学生の鉄道・政治その他もろもろのブログです。鉄道ニュース・撮影日記などがございます。

【鉄道ニュース】相模鉄道10000系10701編成、YOKOHAMA NAVY BLUE塗装化されて試運転を実施

2020年9月11日、YOKOHAMA NAVY BLUE塗装化された相模鉄道10000系10701編成が、性能確認試運転を相模大塚~かしわ台間で実施しました。

2nd-trainの記事です。参考にしてください。

2nd-train.net

f:id:darekasannotetudou:20200913193741j:plain

二俣川駅で撮影しました。奥が2代目塗装の10701編成です。顔がガラッと変わりましたね。

f:id:darekasannotetudou:20200913193008j:plain

かしわ台駅から撮影したYOKOHAMA NAVY BLUE化された10701編成です。11000系みたいですね。

f:id:darekasannotetudou:20200913193921j:plain

f:id:darekasannotetudou:20200913193931j:plain

上は海老名駅で撮影した10702編成、下は海老名駅で撮影した10708編成です。2代目塗装で残っている10両編成の10000系は、10702編成と10708編成になりました。やっぱりこの顔がいいです。

f:id:darekasannotetudou:20200913180642j:plain

f:id:darekasannotetudou:20200830192316j:plain

f:id:darekasannotetudou:20200830191619j:plain

f:id:darekasannotetudou:20200913192055j:plain

すべて自前の写真です。YOKOHAMA NAVY BLUE化されていない車両は、

f:id:darekasannotetudou:20200528235352j:plain

この11000系になります。

関連記事

 

darekasannotetudou.hatenablog.com

 

10000系10701Fは2019年10月に東日本旅客鉄道長野総合車両センターへ輸送され、制御装置を更新して出場、このときは2代目塗装のままでした。かしわ台車両センターに戻ったあとも2代目塗装のままで誘導障害試験など試運転を実施していました。そのあと今年度の事業計画で10000系1編成が3代目塗装になることが発表され、今回制御装置を更新された同編成に施工されました。

リニューアル内容としては外観上は塗装変更のほか、車番や前照灯の移設変更(前照灯は従来のタイプからLED式に交換)、種別行先案内表示器をフルカラーLED式(列車番号表示と一体化したもの)に変更されました。ドアステッカーはそうにゃんのものから変更されており、8000系および9000系リニューアル車、12000系、20000系と同じです。内装の詳細は不明です。8000系8709編成のように内装の改造内容を簡易化しているものと思われ、車内のLED式旅客案内表示器はそのままだと予想されます。

今後11000系のリニューアルのときには前照灯の位置や種別行先案内表示器を改造する必要がないため、改造内容はさらに最低限のものとなりそうです。リニューアルされた10000系、よく見ると前照灯の位置が変更され、種別行先案内表示器が変更されているため、車番を見ない限りは塗装変更された11000系と見間違えるかもしれません。ただ「YOKOHAMA NAVYBLUE」の塗装に車番がはっきりと白色で書いてあるので分かると思います。それ以外で11000系と異なる部分は運転席直後の旅客用扉と2番目の扉の間隔であったり、旅客用扉の窓の形状、車外スピーカーの有無などです。

2代目塗装で残っている10両編成の10000系は、10702編成と10708編成になりました。やっぱりこの顔がいいです。