誰かさんの鉄道日記

小学生の鉄道ブログです。「鉄道好きの、鉄道好きによる、鉄道好きのためのブログ」です。

【鉄道ニュース】相鉄ホールディングス、体験型商業施設をいずみ野線ゆめが丘駅前に整備

関連ニュース

www.nikkei.com

相鉄ホールディングスは2020年9月17日、相模鉄道いずみ野線ゆめが丘駅横浜市泉区)前に大型商業施設を整備すると発表しました。

f:id:darekasannotetudou:20200920192037j:plain

ゆめが丘駅で撮影した写真です。ゆめが丘駅に大型商業施設が整備されますが、この水色のドーム型の屋根はどうなるのでしょうか…

この商業施設は地上3階建てで、延べ床面積は11万8000平方メートルを予定しています。2022年春に着工し、2023年度中の開業を目指しています。これは、23.9 ヘクタールにおよぶ「泉ゆめが丘地区土地区画整理事業」の一環として開発を行うものです。沿線に住んでいる方へのライフスタイルの提案や地域資源を活かした体験・交流の場の提
供を目的にした大規模集客施設を予定しています。

開発計画地は、相鉄いずみ野線ゆめが丘駅および横浜市営地下鉄ブルーライン下飯田駅に近接している他、環状4号線に面しているため、アクセスに恵まれた立地となります。なお、同集客施設の詳細や入居するテナントなどの情報は、随時お知らせされる予定です。

相鉄グループでは、これまでも横浜駅直結の「相鉄ジョイナス」や二俣川駅直結の「ジョイナステラス二俣川」など、さまざまな集客施設を相鉄アーバンクリエイツと相鉄ビルマネジメントが共同して開発し、沿線地域の発展に貢献してきました。今後も認知度・好感度を高めて「選ばれる沿線」を実現するとともに住みやすい街づくりを進め
ていくということです。

 

詳細は以下のリンクから!(公式プレスリリースに飛びます。)

https://cdn.sotetsu.co.jp/media/2020/pressrelease/pdf/r20-81-39e.pdf