Rail Fan Voice

〜首都圏を中心に鉄道についての記事を1日おきに更新します。主に鉄道ニュースや予想記事など、様々な切り口から書いています〜

【政治】菅総理大臣、学術会議会議員の任命見送り

関連記事

darekasannotetudou.hatenablog.com

darekasannotetudou.hatenablog.com

 

関連ニュース

www3.nhk.or.jp

 

菅義偉内閣総理大臣が、「日本学術会議」が推薦した新たな会員候補の一部の任命を見送りました。

f:id:darekasannotetudou:20200920153326j:plain

Wikipediaから拝借した菅義偉内閣総理大臣です。就任早々、少々問題になる出来事を起こしてしまったと考えます。

NHKのニュースから転載開始)

菅総理大臣は、「日本学術会議」が推薦した新たな会員候補の一部の任命を見送ったことについて、「法に基づいて、内閣法制局にも確認の上で、学術会議の推薦者の中から、総理大臣として任命しているものであり、個別の人事に関することについてコメントは控えたい」と述べました。

そして、「日本学術会議は政府の機関であり、年間およそ10億円の予算を使って活動しており、任命される会員は公務員の立場になる。人選は、推薦委員会などの仕組みがあるものの、現状では事実上、現在の会員が自分の後任を指名することも可能な仕組みとなっている」と指摘しました。

そのうえで、菅総理大臣は、「推薦された方をそのまま任命してきた前例を踏襲してよいのか考えてきた。省庁再編の際に、必要性を含め、在り方について相当の議論が行われ、その結果として、総合的、ふかん的な活動を求めることになった。まさに総合的、ふかん的な活動を確保する観点から、今回の任命についても判断した」と述べ、今後も丁寧に説明していく考えを示しました。

一方、菅総理大臣は、昭和58年の参議院文教委員会で、政府側が「形だけの推薦制であって、学会の方から推薦をしていただいた者は拒否はしない、そのとおりの形だけの任命をしていく」と答弁したことについて、「過去の国会答弁は承知しているが、学会の推薦に基づく方式から、現在は、個々の会員の指名に基づく方式に変わっており、それぞれの時代の制度の中で法律に基づいて任命を行っているという考え方は変わっていない」と述べました。

また、菅総理大臣は、記者団が、任命の見送りは、学問の自由の侵害ではないかと指摘したのに対し、「学問の自由とは全く関係ない。それはどう考えてもそうではないか」と述べました。

さらに、記者団が、今回の人事について、かつて政府が提出した法案への態度と関係があるのかと質問したのに対し、「全く関係ない」と述べました。

(転載終了) 

 

これってちょっと、問題になりそうです・・・

★ランキングバナークリック・タップお願い致します!

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村


人気ブログランキング