誰かさんの鉄道日記

小学生の鉄道ブログです。「鉄道好きの、鉄道好きによる、鉄道好きのためのブログ」です。

【鉄道ニュース】箱根登山鉄道3100形「ALLEGRA」3103編成が甲種輸送される

2nd-trainの記事です。参考にしてください。

2nd-train.net

2020年10月16日から17日にかけて、川崎重工業兵庫工場で落成した箱根登山鉄道3100形「ALLEGRA」3103編成が兵庫~富士間で甲種輸送されました。牽引機は、兵庫~吹田(タ)間が岡山機関区所属のDE10 1561、吹田(タ)~富士間が新鶴見機関区所属のEF65 2067でした。車両はクモハ3103+クモハ3104です。

f:id:darekasannotetudou:20200509200402j:plain

Wikipediaから拝借した3100形3101編成です。「ALLEGRA」が増備されるのはクモハ3003・クモハ3004以来のことです。

今回の製造で「ALLEGRA」は1両単車(3000形)が3001~3004号車の4両、2両固定編成(3100形)が3101編成3101+3102と今回導入された3103編成3103+3104の2編成4両、合計8両となりました。「ALLEGRA」が増備されるのは3000形クモハ3003・クモハ3004以来です。クモハ3003・クモハ3004と同様、3100形では初めての前照灯のLED化など、一部仕様変更(抗菌仕様の採用など)が行われているものと思われます。前回の3101編成クモハ3101+クモハ3102ではJR東海御殿場線の松田まで輸送し、松田からは1両ずつに分割して小田急電鉄1000形4両固定編成(未更新車両のみ入線・牽引可能)の牽引により箱根登山線入生田駅に隣接する車庫まで輸送されていましたが、その際には御殿場線および小田急電鉄小田原線の終電を待ち、一部の箱根登山鉄道列車を運休にする措置がとられていました。今回はそれを可能な限り避けるためか富士駅までの輸送となっているため、この先の輸送経路が注目されます。また、これによって置き換えが出る可能性もあります。現在書類上では車齢100年を超すモハ1形が1編成(104編成モハ104+モハ106)いて、この編成を置き換えられる可能性も。さあ、いったいどうなるのか…。

 

★バナーのクリック・タップお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

箱根登山鉄道の画像がないので箱根らしい小田急ロマンスカーでお許しを・・・