Rail Fan Voice

〜首都圏を中心に鉄道についての記事を1日おきに更新します。主に鉄道ニュースや予想記事など、様々な切り口から書いています〜

【鉄道スクープ隊】異端児!? 小田急2000形の「目立った編成」

f:id:darekasannotetudou:20210525185138j:plain

今回は小田急2000形の特殊な編成について特集します(ダジャレではないです笑)。 Sl:相模大野付近(車内から)

 

 こんばんは。昨日は投稿できずすみませんでした。

 

 さて、今回は小田急電鉄2000形の特殊な編成についてです。2000形は9編成のみですべての編成が8両固定編成となっております。編成数としては小田急の中でも結構少ないですが、バリエーションが豊富です。それでは、一つずつ見てみましょう。

 

 

1.いろいろ違う2051~2053編成

f:id:darekasannotetudou:20210525190725j:plain

まずは初期に製造された2051~2053編成についてです。 Sl:新百合ヶ丘

 

 まずは初期に製造された2051~2053編成についてです。こいつらはいろいろなことがのちに製造された2054~2059編成と違います。では、何が違うか?

  • 車外放送用スピーカーがない
  • 車いす・ベビーカースペースの設置場所が2054~2059編成と違う
  • スタンションポールがない

といった感じです。

 

 車外放送用スピーカーがあると、車両側から操作できます。声は上り線・下り線ともに女性(西村文江さん?)の声となります。一方ない場合、車掌さんの携帯電話で操作します。その場合は駅のなにかと接続します。声は上り線が男性(関根正明さん?)、下り線が女性(西村文江さん?)の声となっています。

 

 車いす・ベビーカースペースですが、8000形や2054~2059編成、その他一般の鉄道車両の場合は乗務員室直後のドアの後ろにありますが、2051~2053編成は車端部にあります。小田急車いす・ベビーカースペースが車端部にあるのはおそらくこいつらだけだと思われます。

 

 スタンションポールというのは、座席前などに設置されている縦の手すりのことです。4000形や5000形は曲線形になっています。それがないと、背が低い人は転んでしまうと判断したのか、2054編成からはスタンションポールが設置されました。

 

 ちなみにですが、ほかにもこのグループの中で違いがあって、通過標識灯があったり*1、路線図式案内表示器があったりと*2、すごいことになっていました。

 

2.小田急を語る上では外せない!? 2054編成

f:id:darekasannotetudou:20210525195507j:plain

続いては2054編成についてです。 Sl:町田

 

 続いては2054編成についてです。この編成は、ある特殊な経歴を持っています。

 

 なんと、床下機器(主電動機と制御装置)が昔走っていた2600形2666編成から転用されているのです!

 

 こう説明すると、「なら2054編成は2600形と同じ抵抗制御? うわ、古臭いし環境悪」と思う方もいらっしゃるかもしれません。申し訳ありませんが、そういうわけではありません。2054編成はVVVFインバータです。

 

 今のを踏まえて聞いてみると、今度は「え? じゃあ2666編成はVVVFだったの?」と思う方もいらっしゃるかもです。これは間違ってはいません。ピンポンピンポーン! 大正解!

 

 2666編成は、輸送力増強のため8両固定編成化をしている過程で、余剰となった付随車を活用して、2000形と同型の主電動機と制御装置を使用してVVVFインバータ制御車としていた編成です。ですが2600形に搭載されていたから特別古いというわけではありません。あくまで同型です。ということで、しばらくは平和かもしれません(確証なし)。

 

3.まぐれ!? ロイヤルブルー帯の2059編成

f:id:darekasannotetudou:20210525200837j:plain

最後は2059編成です。ぶれててすみません。 Sl:新百合ヶ丘

 

 最後は2059編成についてです。現在2051~2058編成は青帯がすべて濃い「インペリアルブルー」となっていますが、この2059編成だけ、「ロイヤルブルー」となっています。

 

 色の濃さからすれば、「インペリアルブルー」の方が濃いです。最近はインペリアルブルー帯の車両が増えてきていて、4000形などでも使われています。8000形や1000形の未更新車はロイヤルブルー帯です。

 

 2000形も、最初はロイヤルブルー帯でした。しかし、2012年の2051編成の帯色変更を皮切りに2000形全体、さらには小田急全体に広がっていき、2000形のロイヤルブルー帯の車両はこの編成のみとなってしまいました。

 

 いつインペリアルブルーに交換されるかわかりません。早めに記録しておきましょう。

 

4.最後に

 

 こうやって調べてみると、2000形は編成数が少ないけれど、バリエーションが多いということに気づきました。編成数が少なくバリエーションが多いという形式は日本でもあまりいないと思います。皆様もぜひこういう形式、探してみてくださいな。本日は以上。ご来館ありがとうございました。

 


 

にほんブログ村 バナークリック・タップお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

*1:2051・2052編成。

*2:2051・2053編成。現在はすべてスクロール式LED表示。

★ランキングバナークリック・タップお願い致します!

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村


人気ブログランキング